「オリコン」と違いすぎるiTunesの年間順位を読んで


「オリコン」と違いすぎるiTunesの年間順位

色々意見はあると思うけど、やはりコアファンは何らかの物理的なものを欲しているという証拠だと思う。それならいかにCD以外の物理的なものを開発し、売れるようにした方が良いのではと単純に思う。

既に当日のライブ音源をその帰りに買えるサービスもあるみたいだし。CDを売るのに執着するのを止めて、本職の一環としてきちんとソーシャルやYouTubeを通しての収益、コアファン向けのものを開発販売することを考えた方がいいと思う。もう既にそうしているのかもしれないけど。

そういう意味ではこれからはバンドや歌手のきちんとしたブランド構築が何よりの要となるような気がする。(それが昔はテレビを通して行われ、今はテレビがもう機能していないので、構築する機会を失っているだけかもしれないけど)

本来、AKBもジャニーズも熱狂的な少数派に支えられ、そこに留まるものだと思う。でも、それがインターネットの台頭やテレビのメディアとしての機能不全のため、音楽業界全体がうまく行かなくなり、変に目立った形で表れているようにも思える。とりあえず、色々不幸な状況だと記事を見て思った。